帰国子女の中学英語受験は独自の対策が必要

帰国子女和久の受験制度

帰国子女和久の受験制度内容を理解するところから始めました十分に注意をすることが必要

帰国子女は実際に子供の頃から日常生活で英語を使っているので、中学英語受験は非常に有利に進めることができると考えている人は多いものですが、実際にはそのような事はありません。
中学受験は様々な科目の総合点が重要となるため、英語ばかりが得意であっても他の教科の学力が劣っていることがあり、これでは通常の中学受験で合格する事は難しいものです。
私の子供の場合にはこのようなことを初めから多くの人に聞いていたため、独自の準備を行うために様々な対策を調べて、そのとおりに行った結果志望校に合格しました。
帰国子女は子供の頃から日本の子供とは異なり、英語を中心に物事を考えると言う癖がついています。
そのため小学校卒業レベルでは使うことがないような単語を使ったり、もしくは日常会話でよく使われる表現なども熟知していることが多く、あまり気にせずにこのような表現をしてしまうことが多いものです。
しかし一般的な中学英語受験ではこのような表現を使う事は禁止されている場合も多く、たとえ内容が合っていたとしても正解にはならないと言うことも多いため、一般受験をするのであればこのような点に注意をしなければいけないと言うアドバイスをいただきました。
しかし子供にこのような注意が理解できるはずもなく、この形での受験は非常に難しいと考えていたところ、子供の志望校でも帰国子女和久の受験制度があることを知り、こちらで受験する方が有利ではないかと言う結論にいたりました。

みんなおやえあ☁️ྀི𓈒 𓂂𓏸
英会話いってきます🚗 ³₃#既読感覚でリプいいねRTお願いします

— ⸝⸝⸝ 夢咲 えあྀི𓂃 𓈒 ໒꒱ ふぉろば𝟷𝟶𝟶 (@eaaaaaaa_0125) September 29, 2022