帰国子女の中学英語受験は独自の対策が必要

内容を理解するところから始めました

帰国子女が中学英語受験するならこちらのスクールがおすすめ帰国子女枠で中学受験をする際の条件は?

帰国子女枠の場合には基本的にはすべての問題が英語を中心に出題され、そのためその英語が理解できれば問題の内容が理解でき、また正確な回答をすることができると言う特徴があります。
その割合や出題方針はそれぞれの学校によって異なるものですが、日本語をあまり学んでいない子供にとっては英語で出題される方がその内容がわかりやすく、また回答も自分自身の自由な表現で行うことができるためその方がうちの子供にも有利であると考えました。
そのためこの形で受験をすることとし様々な準備を行い始めたのですが、それでも日本の小学校に通っていないことから様々な問題が生じ、これを克服するためにこの面含めて非常に大変な思いをしました。
1つはその出題範囲を十分に理解することで、帰国子女枠とは言っても入学後は中学生として日本の小学校を卒業してきた生徒たちと一緒に勉強することになるため、これらの生徒と学力が同じレベルに達していなければならず、そのために日本の小学校で学習した様々な内容を理解するところから始めました。
近所に学習塾がありその塾の先生が帰国子女の指導を行った実績を持っていたため、この点は非常に恵まれていたのですが、本人も猛勉強をしてそのレベルを理解したのだと考えています。

帰国子女和久の受験制度内容を理解するところから始めました十分に注意をすることが必要